お問合せまずはご相談ください

スピンアウト/MBO型投資・早期経営改善型投資・その他類型

スピンアウト/MBO型投資・早期経営改善型投資・その他類型投資は、資本政策のお悩みを持つ中規模・小規模企業を支援します。

資本政策のお悩みをお持ちの中規模・小規模企業さま

お悩みの例
大きな設備投資をしたいが、どう判断すべきか。
成長のためM&Aを仕掛けたいが、正しく評価して交渉・実行できる人材がいない。
自分と同じ責任感を持った人と協働したい。
あきらかに負債過多で苦しく、将来も心配だが、どうしたらいいかわからない

日本協創投資

弊社による支援(例)

  • ファンドは投資先企業そのもののリスクを負うため、完全に同等の責任感を持って施策を実行
  • M&A、資本・業務提携の推進(含む子会社売却等)
  • 分散した株式の集約、MBO
  • 上場、株式非公開化
  • 増資・資本増強、早期経営改善・事業再生

分散した株主の集約事例

分散してしまっている株主構成を再構築し、経営を安定化!

支援対象会社の概要
業種 製造業
売上 20億円
EBITDA 3億円
借入金 5億円
株主数 80名以上
(譲渡制限なし)
■経緯・概況
  • 設立経緯や、過去にIPOを目指した経過があり、株主数が80名以上に
  • 相続発生による株主の更なる分散が予想され、会社に関心をもたない株主も増加
  • 株主総会決議が円滑に行えないリスクが高まり、安定した経営や、機動的な重要事項の決定に懸念
■投資スキーム
  • 事前に株主の2/3以上の同意をとりつけ、「全部取得条項付株式」を活用して、会社が全株式を取得
  • 当該取得に必要な資本・資金を調達するため、弊社ファンドに第三者割当増資を実施
■投資後のシナリオ
  • 持株会等のルールを整備し、安定的経営を実現
  • 「役職員中心の会社」との理念を尊重。弊社の支援により、後継者育成プログラムを実施
  • 積極的な資本・業務提携を検討。弊社ファンド持分の部分譲渡による資本関係も検討
現状と投資実行後のイメージ

早期経営改善の事例

業績悪化リスクのある企業が、てこ入れにより収益力を回復!

支援対象会社の概要
業種 食品販売業
売上 30億円
EBITDA 2億円
借入金 15億円
一定の知名度のある食品ブランド
■経緯・概況
  • 一定の知名度があるブランド
  • 自己資本が薄いこともあり、思い切った店舗の改装やリストラクチャリングができない状態
  • 現オーナーは病気がちでもあるため退任を希望
■投資スキーム
  • 弊社ファンドが第三者割当増資を引受け
  • 同時に、取引銀行には一定の金融面での支援(弁済据え置きなど)を要請
■投資後のシナリオ
  • 外部から社長を含む幹部を招聘
  • 増資資金を活用し、店舗改装や撤退、新規出店を再開
  • 商品開発・物流システム等にも積極的な投資
現状と投資実行後のイメージ

「投資スタイル」に戻る