お問合せまずはご相談ください

事業継承型投資

事業承継型投資は、後継者・経営人材のお悩みを持つ中規模・小規模企業を支援します。

後継者・経営人材のお悩みをお持ちの中規模・小規模企業さま

お悩みの例
自分は高齢のため引退したいが、親族や社内には経営できる人材がいない
親族が会社に居るが、経営を担うには時間がかかる。
経営者として成長させる必要がある。
外部から経営者に来て欲しいが、担い手がいない。
社内には相談相手がいない。

日本協創投資

弊社による支援(例)

  • 外部人材の招聘
  • 社内・親族の後継者に対する経営者育成
  • ファンドメンバーによる経営者への直接的サポート
  • コーポレートガバナンスの強化

事業継承の事例

後継者がいないオーナー企業の受け皿に→さらなる成長を実現!

支援対象会社の概要
業種 卸売業
売上 30億円
EBITDA 1億円
借入金 実質無借金
オーナー 75歳
子息が社長だが、別の仕事を希望している
■経緯・概況
  • 高齢のオーナーによる事業承継案件。子息が社長だが、別の仕事を希望しており、譲渡と同時に退任予定
  • 数年前にはEBITDAで2億円以上を計上していたが、実質的な経営者不在で業績が低下傾向
■投資スキーム
  • 現在のオーナー持分を含む株式の100%を譲受け
  • ファンドとしての投資効率を上げるため、一部銀行借入を組み合わせる
■投資後のシナリオ
  • オーナー及び子息の退任を埋めるため、外部より社長を含む経営の中核を担える人材を招聘
  • 現状、顧客が特定企業に偏っているため、招聘した人材のネットワークを活用して販路を拡大
  • 軽視されていた管理体制を強化し、PDCAサイクルを構築することにより、経営の「見える化」を推進
現状と投資実行後のイメージ

「投資スタイル」に戻る