お問合せまずはご相談ください

投資スタイル

日本協創投資の特徴とともに、投資の類型をご紹介いたします。

日本協創投資の特徴

1.中規模・小規模企業への投資についての豊富な経験
弊社の主要メンバーは、これまでの経験の中で、中規模・小規模企業に対する取り組み実績を豊富に有します。
中規模・小規模企業特有の取引慣行や、従業員・取引金融機関・自治体等との関係構築の重要性も熟知しております。
2.本格的なハンズオン支援の実績
弊社の主要メンバーは、企業経営に本格的に関わった経験を活かし、ハンズオン支援を実行してきました。
これまでの経験の中で、成長や収益改善のための方法論を有しており、中規模・小規模企業の本格的な価値向上に取り組みます。
  • ファンドメンバーが、集中して各種の「仕組み」を構築
  • 外部の経営人材を派遣することにより、継続的な価値向上を図る
3. 企業の成長や課題に即した多様なソリューションを提供
弊社のファンドには大手金融機関、地域金融機関、事業会社に出資を頂いており、その広範なネットワークを活用できます。
異なる経歴、強みを有するメンバーの集結により、さまざまな業種に応じたノウハウ、移植可能な独自スキル、人脈を活かした最適なソリューションを提供します。
企業グループに属さない独立系ファンドとして、企業の自立自走成長を協力して創造します。

中規模・小規模企業のお悩み別 支援事例

我が国の経済基盤を支える中規模・小規模企業では、経営者の高齢化・後継者不在による事業存続の危機が指摘されております(いわゆる「事業承継問題」)。この構造的な問題の解決の一助となるべく、積極的に事業承継案件に取り組みます。
私たちは、中規模・小規模企業に不足しているといわれる①経営人材、②リスクマネー、③戦略・情報を、投資先企業に積極的に投入し、投資先の活性化を図り、その成長に貢献します。

後継者・経営人材の悩み

組織・体制面の悩み

資本政策の悩み

ステークホルダーとの関係

私たちは、投資先となる中規模・小規模企業には、大企業と異なる取引慣行や特性があると理解しています。オーナー・経営者の皆様と共に、投資先を取り巻くステークホルダー(従業員・取引先・取引金融機関等)との関係を正しく理解しながら、投資活動を行います。
弊社の運用するファンドには、公的機関や地域金融機関・機関投資家など、弊社の活動方針に賛同する投資家の皆様にご出資を頂いています。投資活動から得られる適正なリターンを投資家の皆様に還元して参ります。

< ステークホルダーとの関係図 – 事業承継におけるオーナー保有株式譲受けのケース >

ステークホルダーとの関係図 – 事業承継におけるオーナー保有株式譲受けのケース